2016年03月14日

【MHX】最強Lv1電撃弾速射ライト-金狼牙弩【野雷】- 装備 考察 性能 電撃弾速射 ライトボウガン【円舞獰乱ソロ攻略】

アミロです。

今回は金狼牙弩【野雷】についてツラツラ。
金狼牙弩F.jpg
金狼弩ライカン最終版、金狼牙弩【野雷】。
ライトボウガン界のイケメン枠(主観)
金狼牙弩G.jpg 金狼牙弩H.jpg
基本攻撃力:230
反動:
リロード:普通
会心率:10%
ブレ:なし
スロット:0
速射:Lv1電撃弾

他のLv1電撃弾速射ライトに対する金狼牙弩のイイトコロは以下。
  1. 攻撃力が高く、会心率10%まである
  2. 狩技ゲージが貯まりやすい
  3. 最高火力のLv1電撃弾速射
対する微妙なトコロは以下。
  1. 使用可能な弾種が少ない
  2. 内蔵弾が貧弱
属性特化ライトとするには内蔵弾がショボイ(Lv2電撃弾×30のみ)反面、
攻撃力は他の電撃弾ライトより頭一つ抜けている231(ロングバレルなら241)と高め。
属性弾のダメージ計算には攻撃力も関係してきますから、金狼牙弩はLv1電撃弾速射最高火力を叩き出せます。
使用可能な弾種からしてサイレンサーにする必要性はなく、ほぼロングバレル一択。
※Lv2電撃弾は反動中で無反動

そんな金狼牙弩の私の印象は、

”単体かつ電撃弾が有効なモンスターには滅法強いが長期戦には不向き”

といったカンジ。

さて、
前回に引き続きまたも電撃弾速射ライトを取り上げたのはワケがあります。

ええそうです、

”円舞獰乱”

ですね。
流れ的に前回と同じなので説明は省略(笑)
とりあえずコイツを担いで行って来ました。


使用装備紹介

金狼牙弩I.jpg金狼牙弩D.jpg金狼牙弩C.jpg
【スキル】
雷属性攻撃強化+2
通常弾UP
捕獲の見極め

いつも通りの見た目。
スキルがちとしょっぱいですが、
獰猛夫婦にも慣れてきたので捕獲ラインの確認兼ねて見極めをつけています。

Lv1電撃弾の運用については装填数、攻撃力ともに文句なしの一級品なコイツですが、
コイツの使える電撃弾系の少なさからしてW属性+特射の属性特化にするには勿体無い。
しかも今回のターゲットは獰猛化金銀夫妻。
電撃弾が切れることは目に見えているので通常弾も強化した次第。
そもそもこのクエストに向いてないんじゃないのかと言われても仕方ないですが、そこはスルーでお願いします(笑)



実戦、円舞獰乱

手順は前回と同じ、まずは嫁から。
金狼牙弩@.jpg
10分針(14分うん秒)で捕獲サイン点灯。
Lv1電撃弾、Lv2電撃弾をメインに通常弾も交えつつ捕獲完了。
この時点で電撃弾はほぼ撃ち切り。

体制を整え旦那へ。
旦那は通常弾をメインにLv1拡散弾×3、大タルG×2、麻痺1回、落とし穴×3使用
金狼牙弩A.jpg
30針(31分うん秒)で捕獲サイン点灯。
なお、罠を間違えて使ってしまい、ここからグダグダの泥仕合へ(笑)
金狼牙弩B.jpg
旦那討伐完了、残り時間13分ちょいでした。
捕獲で32分といったところでしょうか。



使用感等

フルーミィシリンジより攻撃力が31も高いだけあり、旦那はかなり楽でした。
嫁のほうも特に不都合はなかったです。
弾種が少ないのはキツイですがその反面、弾選択が楽でありアイテムにも余裕が出る(罠調合分持てる程度)のもメリット。
Lv2通常弾の装填数がやや物足りなく感じました。
弾はLv2通常弾を調合分こさえ残弾50発ほど。
不屈ヴァルレギオンが弾切れを起こしたのを踏まえると、
属性弾が有効なのは間違いないでしょう。

となるとですよ、
アレが思い浮かんできませんか、アレ。
4属性速射可能でありながらTHE中途半端な印象の強いアイツが(笑)
今まで散々扱き下ろしてきたあの子が、本クエストにおける一つの答えになるやもしれませぬ。

ということで次はソレを使って挑んでみたいと思います。

が!!、

いいお守りが・・・ない!
やっぱりヤツは今しばらくはボックスの肥しですね(笑)
本記事が攻略の一助となれば幸いです。


オマケ
金狼牙弩E.jpg
オトモはしっかり育てたのを連れて行くのをオススメいたします。

ではでは
posted by アミロ(ブッパー) at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | MHX-ライトボウガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434927362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック